海運事業<小名浜移送所>

小名浜移送所は、1994年(平成6年)4月に業務請負を開始しました。内航海運取扱業と海運代理店業の内航海運組合加入承認を受けており、「大量の原料を一度に運ぶ海上輸送」と「従来の陸上輸送」を結ぶ架け橋として機能しており、取扱種別に応じた貯蔵設備を活かしながら、安全かつ慎重な作業が進められています。

●小名浜移送所全景
 


●小名浜移送所
海運代理業入港荷卸しの様子

■年間取扱量

年間取扱量 運用船隻・車輌合計
船隻回数 トレーラー台数
92,000t/y 50隻/y 2,800台/y

▲ページのトップへ